【海外旅行】バックパック選びのポイント5つ|機内持ち込み7kg以下

スポンサーリンク
海外旅行

こんにちは、ジャッキーです。

国内外問わず、旅行はバックパック派。

バックパックを使う8つの理由

今日は愛用しているバックパックの紹介です。

スポンサーリンク

初代:MAMMUT(マムート)30L

ブルガリア、ヴェリコ・タルノヴォにて。

初めに買ったのは、MAMMUTの30L。

タウンユースもOKな、サッパリした見た目が使い勝手良かったです。

このバックパックで数多くの土地に行きました。

最短は一泊国内旅行。

最長はヨーロッパ周遊2週間

18年近く使って不具合(内部コーティングが全部剥がれた)が出てきたので世代交代。

見た目は全く問題なかったのでメルカリに出品したところ、引き取り手が見つかりました。

しっかりした作りで、本当に丈夫でした。

スポンサーリンク

二代目:Granite Gear(グラナイト・ギア)46L

分かりにくい写真だけど。ジョージアのアハルツィヘ(多分)でトイレに行く時。

現在の愛用バックパックは、Granite Gear(グラナイト・ギア)のLEOPARD V.C.46。

容量は46L。

30Lではキャンプの荷物(寝袋・マット・椅子、その他もろもろ)が入らなかったので、容量を増やして新調。

このバックパックのコンセプト。

ヒマラヤにも登れる

ヒマラヤってカッコよくない?

このバックパックを選んだ理由はこちら⬇︎

メリット
  • デザインがいい(かっこいい)
  • 軽い(フル装備で1.25kg。最軽量時は825g。)
  • 背面の通気性抜群
  • カスタムでザック本体の軽量化が可能
  • ロールトップでサイズ調整が簡単にできる
  • グラナイト・ギア独自の「サスペンション・システム」でザックが身体に固定される=ザックが左右に振れない=背負いやすく疲れにくい

背面のプラスチック板とウエストベルトで荷重を分散してくれます。

これらのパーツ、どちらとも取り外し可能

短い旅行の時は外してスッキリさせることもできます。

また、雑にパッキングしても紐で絞るとコンパクトに圧縮されます。

デメリット
  • 固定する紐が多くて開閉時のアクションが多い
  • トップリッドのチャックがフロントにある

この紐の利点も理解しているけれど、やっぱり2アクション位で気室にアクセスできるといいなぁ、とは思います。(初代MAMMUTがそんな作り)

トップリッドのチャックがフロントなのも地味に不便。

開けると中身が出てくることがしばしば。

同じモデルはもうありませんが、似たようなモデルはこちら「Granite Gear Perimeter 35」。



旅行だけでいうと、35Lくらいの方が個人的には使いやすいです。

GRANITE GEAR / グラナイト・ギア
GRANITE GEAR[グラナイトギア]は1986年、アメリカ合衆国ミネソタ州でジェフ・ナイトとダン・クルークシャンクの二人の手によって創設されました。ただ流行やファッションに流されるのではなく、GRANITE GEARは革新的な商品の開発に日々情熱をかたむけ、 最高のパフォーマンスを発揮する製品を世界中に送り出しています。

vic2:LEOPARD V.C.46 オートミール/ジャバ Regサイズ
スポンサーリンク

購入時に検討した2つのブランド

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

  • スッキリしたデザイン
  • 気室パーツがある
  • サイドにジッパーから気室にアクセスできる

気室へのアクセス経路が多いザックは、荷物の出し入れが快適なイメージがあります。

(海外では開けられないか少し不安になりそうだけど。)

選ばなかった理由
  • サイズが合わなかった(欲しかった色がメンズで大きかった)
  • カスタム不可なので1〜3泊の普通の旅行には大きすぎるように感じた
  • パーツが増えると重くなる

Klattermusen(クレッタルムーセン)



  • デザインがかっこいい
  • 背負いやすい(荷重のほとんどを筋肉ではなく骨で支えるクレッタルムーセン独自の堅牢なキャリングシステム)
  • ロールトップでサイズ調整が簡単にできる
  • 製造過程で環境に配慮(バックパックの全製品にリサイクルポリアミドを採用)

とにかくかっこいいKlattermusenは、スウェーデンのアウトドアブランド。

ブランドポリシーもうんとかっこいい。

  • 捨てなくて良いものを
  • 自然に挑むのではなく、自然と共に
  • できるだけものを作らない

etc etc…

961Raven 30L は見た目も初代MAMMUTに似ていて、今でも気になる商品です。

選ばなかった理由
  • 当時、購入できる場所が少なく試着しにくかった
スポンサーリンク

まとめ:バックパック選びのポイント5つ

バックパック選びのポイント
  • 背負いやすさ
  • 旅行には30L、キャンプには40L
  • 側面のサイドポケット必須(水や傘入れにとても便利)
  • 側面にポケットが多いと便利
  • 気室へのアクセスアクションは少ないほどGOOD

このようにガバッと開くタイプも使い勝手が良さそうです。

¥11,550 (2024/01/27 13:12時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

背負って移動するので、重さや身体へのフィット感が重要です。

可能であれば店頭で試着しての購入がおすすめ

好日山荘や町の山岳ショップなど。

専門知識を持つスタッフ在中店舗だと、色々見てもらえて選びやすいです。

グラナイト・ギアも、好日山荘でスタッフにチェックしてもらってから購入しました。

以上、わたしの愛用バックパック&選ぶ基準でした。

おわりー

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました☺︎