【海外旅行】タイ5泊6日の荷物|持ち物一覧|機内持ち込み7kg以下

スポンサーリンク
タイ

こんにちは、ジャッキーです。

2023年2月24日〜3月1日、5泊6日(4泊6日)でタイに行ってきました。

バンコク&チェンマイ|ルートと費用

まだまだ寒い日本から暑い国に行く場合。

荷物の紹介と、出入国時の服装について。

スポンサーリンク

荷物一覧

いつも通り夜遅くのパッキングになってしまい写真が暗め。

以下、左上から順番にリスト化してみました。

赤字は持っていって良かったもの。

青字は使わなかったものです。

タイ旅行の荷物一覧
  • スマホ&カメラの充電器(コーヒー豆袋)
  • 帽子
  • 着替え(緑の袋)(トップス4、ボトム3、靴下4、パジャマ上下)
  • ストール
  • タオル1
  • 街歩きバッグ
  • 下着一式(ブラ5、アンダーショーツ5、キャミ4、靴下4、ナイトキャップ
  • 洗面道具一式(日焼け止め2、スキンケア、ハンドクリーム、歯磨き粉、シャンプー&リンス、除菌ジェル)
  • 常備薬
  • フェイスマスク2
  • マスク(たくさん)
  • おやつ2
  • ホットアイマスク
  • 折り畳み傘
  • 腕時計
  • 石鹸
  • ヘアターバン(洗顔用)
  • ハンカチ4
  • ビーチサンダル
  • タイバーツコイン(前回の旅行の残り)
  • 財布(布ポーチは紙幣入れ・緑色のパスケースはクレジットカード入れ)
  • エコバッグ
  • レンズ拭き(眼鏡&カメラ用)
  • 貴重品ベルト
  • 地球の歩き方

写真には写っていませんが、メイクポーチも持って行っています。

出国当日の朝、メイクを終えてからの詰め込みました。

持って行ってよかった物2つ

帽子

日本はまだ寒いので、髪の毛やお肌が冬仕様。

直射日光を避けるためにも、帽子はあってよかったです

このTHE NORTH FACEのハイクハットは本当にお気に入り。

  • 折りたためる
  • 紐がついている(取り外し可能)
  • 手洗い可能
  • タウンユースOK

数年前に購入したけれど、人気商品のようで毎年販売しています。

人気なのも納得。

とっても使い勝手良いです。

¥6,237 (2024/01/05 12:58時点 | Amazon調べ)
ナイトキャップ

朝起きた時には、すでに髪型が決まっている夢のようなアイテム

  • 寝癖がつかない
  • どんな時でも翌朝には髪の毛サラサラ


ホテルのシャンプーが合わずにガッサガサの髪の毛になっても、ナイトキャップのおかげなのか翌朝にはサラッサラ。

どんな魔法なんでしょう?ってくらい。

最近買ったものの中でも群を抜いてお気に入り。

本当に持っていってよかったです。

ヘアセットの時間0。

サイコウ。

わたしはリボンタイプを愛用しています。

顔や髪の毛にあとがつかないので。

¥1,980 (2024/01/13 09:56時点 | Amazon調べ)

いらなかった物7つ

ボトムは2本でOK

以前のタイ旅行で、帰国当日にスコール攻撃を受けました。

結果、ずぶ濡れのまま飛行機に乗ることに。

この時、ボトムを1本しか持っておらず困った経験から、ボトムは2本以上がMyルールになっています。

今回のタイには、ボトム3本を持って行きました。

  • デニム
  • ブラックスキニー
  • リネンのワイドパンツ

トイレなど床が汚れている場合も多いのでスキニーを持って行きましたが、なんせ暑い。

予備のつもりで持参したリネンパンツが大活躍。

床の汚れなどを考慮すると、ワンピースやロングスカートが良さそうです

ストール

日除け&冷房対策で持って行きましたが使いませんでした。

エアポートレールリンク(電車)で一度だけ冷房ガンガンがあったけれど、それ以外は特に気になりませんでした。

タオル1枚

寝台列車での使用を想定していたタオル。

しかし、先にシャワーを浴びた友人による、寝台列車の浴室は地獄との報告により、わたしはシャワーを浴びませんでした。

寝台列車シャワー地獄の理由4つ
  • 荷物を置くところがない
  • めちゃくちゃ揺れる
  • 扉から水が漏れる
  • 男女共用で落ち着かない
¥1,980 (2024/01/13 09:48時点 | Amazon調べ)
シャンプー&リンス&石鹸

ホテル備え付けのものを使いました。

海外は基本的にシャンプーしかありませんが、思っていたほど悪い仕上がりではなかったです。

上にも書いたナイトキャップのおかげなのかも。

ボディーソープや石鹸も備え付けでも、乾燥することはなかったです。

おやつ2つ

過去の旅で一度だけ、食べ物が見つからないことがありました。(夜遅くに到着、お店閉まってる夜の外出は控えたかった など色々あって。)

その時の経験から、簡単なスナックを持参するようにしていたけれど。

別になくても良いかも。

と今回の旅で思いました。

ホットアイマスク

ナイトキャップを着用していたこともあり、1度しか使いませんでした。

リラックスできて良いのだけど、最近はゴミの多さが気になります。

これを機に、使い捨てないアイマスクを探すことにしました。

スポンサーリンク

出入国時の服装

出国時

キャミソール
7分袖Tシャツ
インナーダウン
インナーダウン

出国時の気温は早朝4度くらい。

外で過ごす時間は駅までの徒歩時間13分くらいでしたので、こちらの服装で大丈夫でした。

寒がりですが、分厚いコートやあったかインナーは無くてもなんとかなりました

帰国時はとにかく暖かく(18度!)、荷物を背負っていることもあり以下の服装で問題なかったです。

帰国時

キャミソール
7分袖Tシャツ

スポンサーリンク

まとめ

  • 出国時のバックパック総重量は4.9kg

帰国時は測り忘れたけれど、下着類を破棄した分少し軽くなっていると思われます。

今回初めてホテル備え付けのシャンプーやボディーソープを使ってみました。

使い心地、悪くなかったです。

荷物を減らすためにも、今後の旅行では備え付けのバスアイテム活用もありだな、と思いました。

おわりー

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☺︎

海外旅行に必ず持って行くもの10選

\ ブログランキング参加中です /
応援クリック励みになっています!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
タイ
507号室