【映画レビュー】2023年3月|4本|TSUTAYAレンタル鑑賞履歴

スポンサーリンク
映画メモ

こんにちは、ジャッキーです。

鑑賞する映画の選び方

  • 好きなパッケージデザイン
  • 魅力的なタイトルフォント
  • 好きな俳優が出ている作品
  • あらすじなどの事前情報は一切見ない

まとめると、直感でサクサク選びます。

ときどき大外れすることもあるけれど、全てひっくるめて楽しく鑑賞しています。

過去の映画レビューはコチラ

  • 劇場鑑賞分を含みます
  • テレビ放送映画の鑑賞は含みません
  • 画像はAmazonにリンクしています
スポンサーリンク

金の糸



舞台はジョージアの首都、トビリシ。

昨日まで良かったことが、今日になると悪になる。

そんな時代に翻弄されながらも、懸命に時に己に忠実に生きる姿は力強くもあり、観ているわたしでさえ「この時代でなければ」と辛くなることも。

あの時紡ぐことのできなかった想いを、時を経て金継ぎをしていく。

そこに生じる金の糸は、とても儚げで美しい。

タンゴを踊るシーンが素敵すぎて、哀しくなる。

(約半年後の感想だから、全然記憶違いになっているかも。笑)

日本人が数世紀も前に壊れた器を金で継ぎ合わせるように、金の糸で過去を継ぎ合わせるならば、過去は、そのもっとも痛ましいものでさえ、重荷になるだけでなく、財産にもなることでしょう。

『金の糸』公式サイト:ラナ・ゴゴベリゼ監督のコメント

原題:Okros dzapi

スポンサーリンク

ブレット・トレイン



「デッドプール2」のデビッド・リーチ監督なので、ちょこちょこ笑いを挟んくるところなんかはリーチ監督の雰囲気が滲み出ています。

めちゃくちゃバイオレンスなんだけど、スピード感満載のアクションがかっこいい映画。

映画館での鑑賞を逃して悔やんでいたのだけど、超ド級に運の悪いレディバグやタンジェリン&レモンのやり取りに毎回笑ってしまい、自宅で観て良かったのかも、とも思えました。

原作は伊坂幸太郎の『マリアビートル』。

グラスホッパーの続きのようですが、グラスホッパーすら全く覚えていないので、全シリーズ読み返そうと思ったまま、もう9月。

原題:Bullet Train

スポンサーリンク

ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません! 



ヘンテコなブラックコメディで、追い詰められる夫が気の毒に思えなくて笑ってしまいました。

狂言の元と言ってもいいマダム(ジュディ・デンチ)が、なんだかんだキュートで可愛い。

原題:Blithe Spirit 

スポンサーリンク

ハリー・ポッター20周年記念 リターン・トゥ・ホグワーツ



一言でまとめると、「ハリポタの壮大な同窓会」です。

鑑賞中は、まるで親戚のおばちゃんレベル。

「みんな大きくなったねぇ」と成長した姿に感心。

時には、自分も撮影に参加していたかのような錯覚に陥り、インタビューのやり取りに「辛いこともあったよね…」とキャストと共に涙ぐむ。

貴重な時間の共有に感動しました。

(わからない人に怖がられるレベルで、ハリポタ好きないちファンの感想です。)

原題:Harry Potter 20th Anniversary: Return to Hogwarts

\ ブログランキング参加中です /
応援クリック励みになっています!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
映画メモ
507号室