消えない眉毛で時短メイク|眉ティントのメリット4つ・デメリット3つ

スポンサーリンク
暮らし

こんにちは、まばら眉毛のジャッキーです。

憧れの眉毛はリアム・ギャラガー(Oasis)。

無いものねだりにもほどがあります。

でも、足掻くのは自由。

話題の「眉ティント」を使ってみました。

スポンサーリンク

「フジコ眉ティント」について

「眉ティント」とは、酸性染料で染めて肌に色素を数日残すコスメを指します。

簡単に言うと、1回塗って約3日間限定で、消えない眉毛が手に入ります。

因みに、「ティント(Tinto)」とはスペイン語で、①赤(ワイン)と、②着色した:染まった という2つの意味があるそうです。

【公式】フジコ眉ティント

お好みの眉毛の形で液を塗布。

10分ほどで乾くので、そのまま寝て朝シールのように剥がします。

写真の奥に写っているのが剥がしたもの。

使用カラー:01ショコラブラウン

髪の毛は染めていないので、01ショコラブラウンを購入しました。

¥1,180 (2023/12/08 09:57時点 | Amazon調べ)

若干赤っぽく染まることと、地毛が真っ黒な事もあり、フジコ公式WEB限定色の101グレーブラウンの方が馴染むようにも思います。

とはいえ、違和感なく使えています。

スポンサーリンク

メリット4つ|MRI検査もOK

  1. 数日眉毛が存在する
  2. メイク時間が短くなる
  3. 汗をかいても擦れても、本当に消えない
  4. アートメイクとは異なりMRI検査が不安なく受けられる

期間限定ですが、本当に消えない眉毛が手に入りました。

眉があるので、メイク時間もかなり時短になります。

MRI検査予定日前の使用を控えると問題ないので、気持ちも楽です。

専門家では無いので詳しいことは分かりませんが、フジコ眉ティントは金属に由来する成分は使われていなさそうですが、金属キレート剤(酸化防止剤)として使用されるEDTA-2Naが入っています。金属に関係する何かが成分として使用されていても自分では判断できないので、念の為MRI検査前は使わないようにしています。

※因みに、アートメイクをしていてもMRI検査は受ける事ができるようです。

でも、人によってはアートメイク部分に熱を帯びて火傷のようになったりする事もあるようなので、アートメイクはせず眉ティントを使っています。

MRI検査当日の服装・メイクについて

スポンサーリンク

デメリット3つ

  1. 眉を上手に描けないと地獄
  2. 眉毛がない部分は染まりにくく取れやすい
  3. 刺激になって生えている眉毛が弱くならないか不安

左右対称に眉毛を描くのが非常に難しい。

乾く前なら何度でも修正できる事もあり、納得のいく形にするのに結構時間がかかります

また、染料で染めるので人によっては刺激を感じる方もいらっしゃいそう。

髪の毛を染めると髪が傷んだり頭皮に刺激を感じたり、それを直接肌に乗せる、と考えるとイメージしやすいと思います。

幸い、わたしは今のところ、刺激を感じたことはありません。

スポンサーリンク

まとめ|消えない眉毛は最高

今生えている眉毛への影響が気になりますが、消えない眉毛は最高です。

アートメイクはMRI検査時に不安ですが、眉ティントなら「検査前は使わない」といった選択ができるので良いです。

しかし、そもそも自眉毛を濃くする方法はないのでしょうか。

タジキスタンは太くて濃い眉毛が美人の象徴で、場所によっては繋がっている方が美しいと聞いた事があります。

染料で染めるそうですが、「眉毛を生やす」との噂も聞きました。

行ってみないと、真相はわかりません。

おわりー

最後までお読みいただき、ありがとうございました☺︎

¥1,180 (2023/12/08 09:57時点 | Amazon調べ)
\ ブログランキング参加中です /
応援クリック励みになっています!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
暮らし
507号室