北欧式歯磨きポイント9つ|歯のケアで治療費節約|オーラルケアグッズ4つ

スポンサーリンク
健康

こんにちは、虫歯と戦うジャッキーです。

北欧諸国は虫歯がほぼ無い

という話を聞いてから、北欧式歯磨きを意識してオーラルケアをしています。

スポンサーリンク

北欧式歯磨きとは?虫歯を遠ざける9つのポイント

オーラルケアの基本は「歯磨き」

その歯磨きの効果をアップさせるために、北欧では以下のことを意識しているそう。

  1. ダラダラ食べない
  2. 砂糖の摂取を控える
  3. 食後15分以内に歯磨きをする
  4. 歯磨きができない場合は口をゆすぐ
  5. やわらかい歯ブラシを使う(歯茎のため)
  6. 歯間ケア(フロス)をする
  7. フッ素入り歯磨き粉を使う
  8. 食後にキシリトールを摂取する
  9. 歯科医院で定期検診をする

フッ素の人体への影響も聞くけれど、「適量は良いことしか無い」説を信じています。

スポンサーリンク

使っているオーラルケアグッズ4つ

エクストラソフトの歯ブラシTePe(テペ)

スウェーデンの薬局で購入されている歯ブラシの77.1%はテペ製品

【公式】TePe.com

そんなデータがあります。

使い心地については、歯ブラシ指導の歯科衛生士さんからのアドバイスを引用。

  • ブラシ表面がフラットなので、歯の表面を磨くのはピカイチ
  • 歯と歯のくぼみにはブラッシングのテクニックが必須

日本のコンパクトヘッドと比較すると大きく感じるし、そこまで柔らかくもないです。 

けれど、色が可愛いのと価格が控えめなので継続して使っています。

最強フロス「フロア」

イタリアでは歯科治療は全額負担なので、必死にケアする人が多いと聞いたことがあります。

そんなイタリアの本気を感じるフロス

  • 扱いやすい
  • 汚れの取れ率はどの製品よりも高い

柔らかくて歯間に入りやすいのに、汚れがとにかく取れる

今まで使ってたフロスって何?」となったほど。

旅行用にミニサイズも持っています。



フッ素1450ppmの歯磨き粉

ライオンの「デントチェックアップスタンダード」。



ドラッグストアでも手に入り、高濃度フッ素系の歯磨き粉の中では一番お得なイメージ。

歯磨き後、大さじ1くらいの少量の水ですすいでいます。

日本の歯磨き粉は添加物が多いので、北欧で行われている「歯磨き後口をすすがない」はNG。

【暮らしのヒント】ヨーロッパドミトリー観察記録

Epic Dental, 無糖キシリトール

キシリトール選びのポイント
  • キシリトールが50%以上含まれている
  • 砂糖などの甘味料が含まれていない
  • クエン酸などの酸性物を含んでいない

となると、手に入りにくいのが難点。

以前は、こちらを買っていました。

【iHerb】Epic Dental, キシリトールミント(無糖)180個

Amazonには粉末タイプがあるようです。

Epic Dental – キシリトール

スポンサーリンク

まとめ

健康であることは最大の節約

数年前、歯の治療に数十万円もかかったことがあります。

数十万円…!

この金額、海外旅行一渡航分を捨てたようなもの。

自分がしたいことにお金を使うためにもオーラルケア必須。

あと「自分で食べられる」ことにより幸福度も増すなんて話も。

未来の幸福度のためにも、自分の歯をしっかり残したいところ。

おわりー

最後までお読みいただき、ありがとうございました☺︎

\ ブログランキング参加中です /
応援クリック励みになっています!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
健康
507号室