お互い心地よく暮らすための工夫3つ|物が多い・捨てられない家族との生活

スポンサーリンク
暮らし

こんにちは、ジャッキーです。

夫は物が多くて捨てられない人。

一方旅行に全力投資する妻は他の物を買う余裕がなく、比較的物は少なめな人。

そんな二人が衝突せず、仲良く暮らす工夫をまとめました。

スポンサーリンク

お互い自室(専用スペース)を持つ

家を探している時。

ボソリと夫が一言。

俺、物多いから。

よほどの事がない限り主張しない仏のような夫からのこのセリフ。

聞き逃すと大変なことになります。

この一言から、お互いの専用スペースを用意することに。

共有するもの以外は全て自室で管理することにしました

駅近を諦めたら出てきた予算内の広い物件

予算の関係から駅近物件は諦めた時に見つけた今の物件。

駅徒歩圏内の3LDK(64㎡)。

周辺環境には不満もありますが、広さには大満足です。

十分な広さで夫の部屋も無事確保。

スポンサーリンク

共用スペースに自分の物は置かない

リビング、寝室、キッチン、洗面所は共用スペース。

これらは、我が家では公共広場認定地。

公共広場は荒らさないよう、お互いの荷物は置かないように心がけています

幸いお互い自室から物は溢れてはいません。

今のところ。

スポンサーリンク

お互いの持ち物に干渉しない

凄まじい夫エリアに物申したくなる時もあります。

しかし、ここは堪えます。

なぜって、そこは夫のスペース

わたしが口出しするところではないです。

楽しく物を減らすための工夫4選

スポンサーリンク

まとめ

  • パーソナルスペースの確保
  • お互いの持ち物に干渉しない

これにより、我が家の平和は保たれているように思います。

共用スペースに物を増やす場合は会議です。

  • 壊れた電気ヒーター買い替える? ➡︎ 買い替えで一致
  • 今のテレビが壊れたら大画面テレビ買う? ➡︎ 大画面TV購入で一致
  • 壊れた空気清浄機、買い替える? ➡︎ 妻「いらん」 ➡︎ 買わない
  • 妻「大きな観葉植物が欲しい」 ➡︎ 夫「いらん」 ➡︎ 買わない

こんな感じ。

今日も我が家は平和です。

おわりー



2回枯らした経験があるので、もう買わないと心に決めているけれど。

定期的に欲しくなる観葉植物。

「大きかったら枯れないかな」なんて思っちゃうんですよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☺︎

\ ブログランキング参加中です /
応援クリック励みになっています!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
暮らし
507号室