スポンサーリンク

新着記事

パーキンソン病の日常

KASABIAN12年振りの単独来日|パーキンソン病でもライブに行きたい

パーキンソン病の症状がどれだけ進むか分からず、一人で行くライブに躊躇していました。でも、病気を言い訳にライブを諦めたくない。12年ぶり単独来日公演が発表されたKASABIAN(カサビアン)のライブチケットを取りました。当日も今と同じくらい動けるようにリハビリに励みます。
パーキンソン病の日常

若年性パーキンソン病と診断されてからの仕事事情|雇用形態・勤務日数など

パーキンソン病と診断されたら即時退職、なんて事はありません。職場や自分の身体と相談しつつ勤務を継続することも勿論可能ですが、わたしは仕事(フルタイム)を辞めました。
パーキンソン病の日常

若年性パーキンソン病と診断されて1年8ヶ月が経ちました|病気と向き合わない

若年性パーキンソン病(juvenile parkinsonism)と診断されて1年8ヶ月が経ちました。進行はゆっくりとは言え、確実に悪くなっています。碌でもないことばかり考えるので、せめてブログにはなんて事ない日常を前向きな言葉で綴って思考の方向性を少しでも変えたい一心です。
暮らし

「持たない」を選択できる幸せ|物減らし中に思うこと Less is More

物減らしを通して気がついたひとつの「自由」について。「持つ」幸せ「持たない」幸せ、そのどちらも「選択できる自由」に含まれていて、選択できる自由と恵まれた環境に感謝することを忘れないでいたいな、と思ったのです。たかが物減らし、されど物減らしです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク